便秘で下剤を飲んで便が親指ぐらい細いのしかでせんすっきりしません

便秘で下剤を飲んで便が親指ぐらい細いのしかでせんすっきりしません



ドラッカーは、「餓死する人間は少ないが、糞詰まりで死ぬ人間は多い」としました。理由は、どんな下剤でも、いずれ耐性が働き、数年で、出なくなるからです。特に、「ドラッグストアで売っているし、漢方だから」ということで、センナを勧める方も見受けます。 が、成分は、病院で使用する「プルゼニド」と同じで、「下剤の“最終兵器”」です。だから、今溜まっている便を出すために、先生に相談されて、一度だけ使用しても、その後は、他の方法で可能性を模索すべきです。
⑴便意
第一に、便意をもよおした時は、すぐ便所に行かれることです。
実際、便秘の大部分が女性という場合、理由は、便意をもよおしても、女性らしさを優先され、我慢される場合が多いから、のはずです。
(朝の排便習慣)
特に、朝の排便習慣をつけると下記のような効果が期待できますので、ベストです。
①「空腹期強収縮」
胃や小腸は、空腹時に激しく収縮して、残った食べカスや細胞の死骸などを大腸、肛門へと排出させる、いわば「胃腸の掃除」をします。なお、お腹が減るとグゥ~と鳴りますが、その際の音です。
この空腹期強収縮は、およそ食後7時間程度で起こりますので、「朝、排便すること」は、重要です。
②「胃・大腸反射」
それだけでなく、食事をすると、「胃・大腸反射」という、大腸の蠕動運動が起ります。
つまり、上記・「空腹期強収縮」も活用できますので、毎朝規則的正しく朝食を食べることが、朝の快便習慣につながります。
③結論
ただ、現在は夜勤の人や不規則な勤務の人も増えています。
そうした人は、勤務形態に合わせて食事をすればよいわけです。その際、下記・「横向け寝」をしますと、睡眠をコントロールできます。
また、皆、一緒に食事をしますと、一時に皆が排便したくなります。その際我慢を強いられるのは女性ですので、女性の便秘が増えるのです。
だから、少なくとも、朝食は時間差を設けるべきはずです。具体的には、母親は30分~1時間早起きし、食事を作って1人で食事をして、排便。30分後に娘を起こし……と女性優先にされるべきはずです。男性の場合、コンビニで便所を借りても良いですし。
なお、できれば、トイレをもう一つ設置するのが、ベストなはずです。
⑵食事の内容
食事の件、健康にも良いですし、「食物繊維」そのもので、便通が良くなりますので、野菜300~600㌘を目標に食べて下さい。その際、サラダにすると量が多すぎてとても食べ切れません。しかも、ドレッシングは半分油ですのでカロリーが多すぎます。ベストは、味噌汁に野菜を叩き込み、いわゆる「箸の立つ味噌汁」にして食べることです。
⑶耐性の働かない下剤
①牛乳
私自身は、便秘になった際は、「牛乳」を「1カートンの半分前後(500cc)」飲んで、解消しています。
なお、20年間使用していますが、一切、耐性は働きません。
当初は、1カートンを飲んで解消してました。が、すぐ量を削減し始め、2~3ヵ月後には、上記のとおり半分の500ccで出るようになりました。つまり、「牛乳の量」は、あなたにあわせて加減すればよいわけです。 なお、小生、身長180センチで、少し太り気味です。
とりあえず、500cc前後でよいと思いますが、症状にあわせ、500cc~1㍑で様子を見られたらどうですか。
なお、下剤代わりに飲むのですから、10分ぐらいの間に、いわば一気飲みするわけです。
また、牛乳を使って便が出ない場合は、牛乳の栄養が体に残りますから、低脂を使われるべきです。
また、現在は、上記の工夫で(牛乳を使用しなくとも)、便秘とは無縁です。
②アロエ
牛乳でも出なくなった時は、アロエの葉を1枚、醤油をつけ、かじって食べます。
数回しか使ったことは無いので、アロエの適量はわかりません。また、使用法も調べ尽くしていませんが、雰囲気としては、もちろん、1日目からも出ますが、本格的に出るのは、2日連続して食べた後だ、と思います。
「薬効の持続期間」も良く分かりませんが、2日連続して食べた後は、アロエを食べなくとも不思議と数日間は便が出る気がします。
③植物性油
日野原理事長は、朝食事に、20ccのオリーブ・オイルを牛乳に入れて飲まれます。それが、下剤代わりにもなっている可能性が大です。
私は使用したことがないので何とも言えませんが、日野原理事長と天野暁共著・青春出版社刊・「病気にならない15の食習慣」によりますと、(少量の)ゴマ油も下剤代わりになるそうで、要は、「植物性の油」が下剤代わりになるようです。
なお、量は、日野原理事長の20ccが目安になると思われます。
本来はなにも使用しないのがベストですが、順番に牛乳から試され、それでも出ない場合、他のものを併用されればよいと存じます。
⑷あわせて、下記urlの「⑶腹圧」を試して下さい。
◆便秘薬も一時的には良いですが、薬を飲み続けて頼り過ぎ癖になると逆に酷くなりますよ・・・・。(以前TVで見たのですが薬や浣腸を続けると自然排便が難しくなるそうです。体が薬で出してもらえるのならカンタンでいいや~。と思うそうです。)毎日の事なので、少しづつ食生活を変えた方が健康的にも良いし便秘解消の近道では?ご質問者さんは以前の私と同じように腸内環境が悪くお腹の中の善玉菌が少ないのかも・・・・。悪玉菌が多いと便秘薬で一時的に出しても、腸内環境が悪化しているので繰り返し便秘になってしまいます・・・・。更に食物繊維と水分が不足しているのでは?便秘には水分や腸内環境を整えるオリゴ糖も必要だそうですよ!オリゴ糖は腸内の善玉菌のエサになるので、お通じが良くなると言われています!私も便秘でとても辛く更に薬の副作用で体に合わず自然に近い感じで出せないかと友人に相談した所、食物繊維入りの青汁を飲んでいるとの事! 私も早速試した所、少しづつ効果が現れ今は、ダイエットも兼ねて野菜中心の食事+青汁(食物繊維入り) で解消しています♪(ドラックストアや他のネット販売している青汁は食品添加物の(デキストリンや増粘剤(グァーガム)処方薬のビオチン等が入っているのが多いので注意が必要です)私のお勧めは、ヤフオクで1箱¥380で購入した 「 おなかにやさしいオリゴ糖入り青汁」 が1番のお勧めです!ここの青汁は、食物繊維にオリゴ糖も入っていて凄く良いです!更に今の青汁を飲むようになってからは、便秘も解消したお陰かお肌のトラブルも少なくなりましたよ!今まで色々な青汁を試してみましたが、ここの青汁は青汁臭くなく飲み易く、それに価格も安い!(薬を買うより安いし体にも良い)ので長く続けられてとても気に入っています。(以前、近くの店で買った時は同じ商品がなんと1箱1000円位で売っていたのでビックリ!ネットで安く買えた上に便秘も解消し良かったです!)更に余計な食品添加物も無添加で、(メーカーにより原材料は同じなのに価格も高い上に青汁よりも食品添加物等の方が多く青汁と無関係な物も多いのがあるので注意が必要です)粉末なのでお好みの濃さに加減できるので更に良いです!暑い日は「アイス抹茶オーレ風」や蜂蜜を入れて「はちみつ青汁」、「ヨーグルトやアイス、ケーキ」にフリカケたり、お餅にフリカケると「うぐいす餅ふう」にもなるので美味しく楽しんでいます♪同じ青汁だけでは飽きるので、同じ方の出品している商品で、抹茶風味の「 大麦若葉青汁100% 新鮮粉末 」も(こっちも余計な食品添加物が入っていない。しかも残留農薬も不検出なのも安心で◎です!) こっちの商品は甘くないので若干薄めにして家族皆で「麦茶代わり」に飲んだり、塩と混ぜると「抹茶塩ふう」や「玉子焼き」や「ハンバーグ」、「マヨネーズ」に混ぜてもGood!です!甘くないので色々アレンジ出来て楽しんでいます♪余計なお世話かもしれませんが一度試してみては?早く便秘良くなると良いですね!