酷い便秘…便意ない(涙) 受験生です。最近、便秘がひどく便意さえな

酷い便秘…便意ない(涙)
受験生です。最近、便秘がひどく便意さえないのが辛いです。
予備校に通うため、朝食をたべて すぐに通学するのも よくないですよね。
朝はバナナに豆乳を一緒にジューサーにかけて、飲んでます。以前はこれが効果あったのに今はない(>_<)オリーブオイルも便秘にいいみたいですね、以前大さじ一杯から二杯のんでました。でもカロリー気にしてしまい止めてしまいました。また摂取すべきかな… もうお腹がはり、食欲もないほど…アドバイスください。


便秘で悩まれているということですね。
早速ですが、便秘の原因と対策について、回答していきたいと思います。
便秘にはさまざまな原因が考えられますが、主な原因を挙げると、以下のように大別されます。
1)食生活に問題がある
2)運動不足
3)便秘薬への依存・乱用
4)他の疾病の影響
5)精神的ストレスが多い
6)その他
便秘の原因と対策
食物繊維の多い食事を 便秘解消のために、普段の生活の中で、まず見直さなくてはならないのは食事の内容であり、最も多く見られる問題は食物繊維の不足です。
不溶性の食物繊維は、水分を溜め込み、便を軟らかくして、腸の通過をスムーズにしてくれます。また便の嵩を増やして腸の蠕動運動を刺激します。また、水溶性の食物繊維には、腸内環境を整える善玉菌を増やすはたらきがあります。
以上のことから、食物繊維の少ない食事をとり続けると、便が固くなり、便秘がちとなります。なるべく食物繊維を多く含む野菜・海藻・きのこなどを選んで、意識的に食事に取り入れるようにしましょう。
十分な量の食事をバランスよく 栄養のバランスと食物繊維の多さから、和食は理想的な食事と言えます。外食が多い人は、できるだけ一品料理で済ませないように、普段から気をつけましょう。
また、ダイエットなどで食事の量を減らした場合、腸への刺激が弱まり、蠕動運動のはたらきが悪くなります。食事の量が少ないということは、摂取できる食物繊維の量も少ないということになり、ますます便秘しやすくなります。便秘解消のためには、十分な量の食事をたくさんの水分と一緒にとることが必要です。
規則正しい食事を 大腸の蠕動運動は、食べ物が胃や小腸を経由して、大腸へ送られてくることで起こります。
食事が不規則になると、便が長い時間、大腸内にとどまることになり、腐敗が進み、水分も吸収され続けるため、どんどん便が硬くなって排便が困難になり、その結果、便秘や痔疾などを引き起こします。
最も便意を感じやすいのは、朝食の後です。忙しくても、朝食はしっかり食べるようにしましょう。
また、睡眠不足などによる不規則な生活は、ストレスも多く、自律神経の乱れを引き起こしますので、便秘の誘因となります。
運動不足 運動不足は、血行を悪くし、筋力の低下を招きます。
便秘を解消するには、激しい運動は必要なく、ウォーキングでも十分に効果があります。普段の生活の中で、なるべく歩く機会を増やしましょう。
また、弛緩性便秘の場合は、まず腹筋を鍛えることをおすすめします。腸の蠕動運動には腹筋が大きくかかわっており、腹筋力が弱まると直腸の働きまで低下してしまい、便を押し出すことが難しくなります。
毎日、軽い腹筋運動を続けるとともに、普段から意識的に、腹式呼吸やストレッチを行うようにすると良いでしょう。
症状が続く様でしたら、一度、病院を受診されてみて下さい。
参考になりましたら、幸いです。
◆様々なタイプの便秘について、こちらのサイトが参考になります。
不溶性食物繊維は、逆に詰まらせてしまう原因になるので、水溶性食物繊維を中心に摂取してみてください。
プルーンのドライフルーツは、個人的にお勧めです。多目に食べるとお腹が緩くなるくらいです。
頑固な便秘は、ねじれ腸の可能性もあります。
ねじれ腸は、簡単なマッサージで劇的に改善するそうなので安心していいと思います。
また、こちらの正常分子栄養学のサイトで、赤ちゃんの便秘が、母体の栄養不足の影響を受けているというお話がありました。
大人も同じように、ビタミン・ミネラル不足だと、細胞が正常に働けず、体内機能が低下してしまいます。
栄養摂取で改善するかもしれないので、試してみてはいかがでしょうか。
また、硬い便秘は、マグネシウム不足の影響もあると思います。
水を飲んでも、マグネシウムが不足しているとお腹に水が留まらず尿として排出されてしまいます。
また、ビタミンBが過剰になると、体内のマグネシウムが排出されてしまうということを以前どこかのサイトで見た記憶があります。
なので、ビタミンミネラルを摂ることは大切ですが、バランスに気をつける必要があると思います。
◆受験のストレスで大脳が興奮し、大脳に直接支配されている胃腸管排便反射機能も緊張萎縮して働きが低下(蠕動運動力低下)し腸管内のくびれたり下垂したりした場所に食物カスが滞留し体温で腐敗して腐敗ガスや腐敗毒が発生し腸内圧力を高めて腸管の一部を一時的に塞いで吐き気(逆流性胃炎様症状、食欲不振など)、腹痛、おなかの張り、イライラ、不眠、などがおき、腐敗毒が血液中に吸収されて血流が悪くなり頭痛、肩こり、貧血感、腎肝機能が解毒で疲労して疲労倦怠感やときにむくみ、肌荒れ、など個人差はありますが、いろいろな症状が体調不良として出てきます。受験ストレスー>腸内腐敗による体調不良ー>不調によるイライラストレスー>善導運動低下ー>腸内腐敗症状ー>体調不良ー>~~->の悪循環に堕ちいています。便秘薬、胃腸薬、精神安定剤、などでは改善しません。改善するにはぬるま湯法などで毎日すっきりお通じをして腸管内の通りをよくして腸内腐敗を減らし血液をきれいにすることです。”腹痛 おなかの張り” ”NHKためしてガッテン” ”絶対排便力ぬるま湯法” ”便秘薬” ”ダイエット” ”自律神経失調” ”学校での腹痛” が「絶対排便力ぬるま湯法」(検索)内の「便秘解消の目安」に解説してありますから読んでお悩み症状を解消し受験勝利を勝ち取りましょう。腸内腐敗が減れば食欲も改善し体調も戻ります。あと少しです。がんばってください。