妊娠中の食事について 先日不妊治療の末、妻が妊娠しました。 すでに

妊娠中の食事について 先日不妊治療の末、妻が妊娠しました。
すでに軽いツワリが始まっており、家事全般は私がやるようにしています。
その中で特に困っているのが食事です。
ネットで検索し、体に良い物を作るよう心がけてますが、
よくよく調べると胎児に悪影響のあるものも食べさせてしまいました。
すでに食べてしまったものは…
・ヒジキの炒め物
海藻が良いと聞き作りましたが、
よく調べるとヒ素が含まれてるからダメだとか…
・冷製パスタ
ツワリがあってサッパリするだろうな?と思いました。
クリームチーズの角切りも少し混ぜたのですが、
チーズはなんとか菌がいてダメだとか…
・シジミの味噌汁
貝類が良いと聞いて作りましたが、
貝は何とか菌がいるから
ダメと書いてるサイトも…
・生卵
これもサッパリするだろうと朝に納豆と生卵を混ぜて出しましたが、
生卵もなんとか菌がいてダメだとか…
・豆乳
体にいいと思って飲ませたが大豆はダメだとか…
よかれと思って作った物がことごとく裏目にでてしまいます。
もう失敗しないようにしたいので、
他にもNG食材があったら教えてください。
ちなみに、現在気を付けていることは、
煙草は元々吸いません。
酒はたまに飲んでいましたが完全禁酒、
コーヒーも辞め、お茶は十六茶にしました。
刺身も食べていません。
初めてのことですので何も分からない状態です。
食事以外でも気を付けなければいけないこと等ありましたら
アドバイスお願いします。



素晴らしい旦那様ですね。
うちの旦那もいろいろとやってくれる人ではありますが、本当に素晴らしいと思います。
奥様は幸せですね。
さて、食事の件ですが、どちらのサイトをご覧になったのかはわかりませんが、そこまで慎重になる必要はないですよ。
もちろん、あげられている食材の中には、とりすぎはよくないものもありますが、まったく食べてはいけないわけではないです。
ヒジキは、ヒ素の件がありますが、あれは英国の話(しかも結構昔)で、日本では安全性に問題はないという見解が出ています。
ただし、食べ過ぎはよくないので、毎日ではなく、小鉢くらいの量にしておくくらいがよいでしょうね。
チーズは種類によるというのもあるようですね。
こちらの回答が参考になりましたが、すべてがすべてダメ、というわけではないです。
また、日本製のものであればあまり問題はないかと思います。
低温殺菌されていないチーズが問題になっていますが、日本は牛乳の段階で殺菌が義務付けられているはずですから。
ただ、白・青カビ系のチーズは確かに避けたほうがいいかもしれませんね。
あと、シジミをはじめ、なんたら菌が心配・・・という食品についてですが、シジミは当然お味噌汁とか、加熱調理したものになりますよね。
生のシジミを食べるのであれば、ちょっと控えたほうが・・・と思いますが、菌全般に言えることは加熱調理で死滅するということです。
シジミにしても卵にしても、大事な栄養素をたくさん含んでいますから、食べさせないという選択肢はよろしくないと思います。
むしろ、ちゃんと加熱して食べてもらうことが大事だと思いますよ。
ただ、ナマモノはあまりお勧めはしません。
夏場でもないので、まったく禁止!とかでストレスがたまるくらいなら食べてもいいと思いますが。
あと、日本の生卵は海外のものと違って衛生的ですから、きちんと冷蔵保存されたものなら神経質になる必要はないと思います。
夏場ならまだしも、これからの時期ですからね。
それに納豆にはやはり卵!派な人もいますから(笑)
何でも取りすぎはいけませんが、何でも制限すればよいというものでもないと思います。
あと、豆乳。
こちらの回答が参考になりましたが、あくまでもとりすぎがよくないという話です。
毎日豆乳をコップ1杯程度飲んでいたところでまったく問題はないので、気にしなくてよいと思いますよ。
大豆製品、特に納豆は、赤ちゃんの皮膚疾患等の確立を下げる意味で有効な食品だといわれています。
カロリーも低いし、体重制限が厳しい妊婦さん(最近ではあまり厳しくない傾向にあるようですが)には空腹の友です。
待望の赤ちゃん!というプレッシャーはあるかと思いますが、あまり神経質になりすぎず、奥様の食べたいものも尊重して、妊娠中の生活を楽しまれてください。
ちなみに、NGの食材ではありませんが、これからの時期はお鍋や煮物がおすすめです。
野菜もたくさん取れますし、体も暖まります。
胎動がわかるようになってくると、鍋を食べると特に胎動がにぎやかになるのがよくわかります。
体が温まると血液の流れもよくなり、子宮もリラックスして、赤ちゃんが動きやすくなるんでしょうね。
根菜類がたくさん入った煮物も、体が温まるのでお勧めですよ。
あと、寝る前のマッサージなどもおすすめです。
1人目の時、妊娠中は足がむくみがちになるので、毎晩足をもんでもらってました。
そのおかげか、こむら返りとやら(とても痛いらしいですが)は経験せずに済みました。
ただ、足首のところにあまり刺激しないほうがよいツボ(さんいんこう?というそうです)があるので、それだけ注意です。
便秘で悩む人が多いので、食物繊維、乳製品はおすすめです。
痒み等で悩む人も多いです。こちらは皮膚科専門医に相談すれば、妊娠中でも使えるかゆみ止めがあるので我慢せずに相談してみるといいです。産婦人科医だと、専門外なので、皮膚科の専門医(←病院にいくと専門医ですって証明書が飾ってあるはず)がおすすめです。
食べちゃいけないもの、やっちゃいけないこと、いろいろなことが初めてのことばかりで大変ですが、ダメなことも何が原因で、回避する方法があるのか、ないのか、調べながら少しずつ覚えていくといいと思います。
ちなみに、16~8週くらいまでの赤ちゃんは自前のお弁当で生きています。
ママが何を食べてもあまり影響は受けないので、いまはママが食べられるもの、食べたいものをある程度優先しても大丈夫ですよ。
体重的な意味で暴飲暴食はおすすめしませんがww
◆同じく不妊治療の末、8月に出産しました。
やっと宿した命です。できる限り最善を尽くしたいお気持ち良くわかります。
これから悪阻が始まるのが考えられます。
食事に関してはお話しされている範囲で大丈夫かと思います。
悪阻次第ですがひどいようだと何でも良いので召し上がれるもの食べた方が良いです。
あとは体調に合わせて生活されるのが1番です。
私の場合、初めはかなり眠気が強かったです。しかし無理せず身体が求めるだけ眠り休みました。
そんな感じで疲れたらすぐに横になるなどしていました。
私はとって不妊治療は妊娠する方法が違うだけで妊娠からの出産過程は自然分娩と変わりません。
頑張ってください。
◆そんなことを気にしていたら食べるものがなくなってしまいます。
全部、過剰摂取がいけないってことです。
毎日毎日、大皿山盛りひじきやチーズを食べるわけじゃないですよね。
いろんな食材をまんべんなく食べるのがベストです。
私は海外在住ですが、海外妊婦の食生活なんてそりゃひどいもんですよ。
和食は世界の中でも優れたバランス・健康食です。
和食を毎日食べているだけで、それだけで十分ですよ!!
◆ご懐妊おめでとうございます。
食事を作ってくれるだけじゃなく、胎児への影響も考えてくれるなんて素敵な旦那様ですね!
私は一週間前に二人目を出産しましたが、つわりがピークの時は湯豆腐しか食べれませんでした。
一人目の時もサラダとスープしか受け付けず…
とにかく食べたい物を食べてました。
質問者様が挙げられた食品は毎日摂取しなければ大丈夫だと思いますよ(^-^)v
根菜を中心に温かい物を摂るといいです。
あと体、特に下半身を冷やさないように気をつけて下さい。
私は助産師さんからのアドバイスで真夏でも冷えとり靴下を履き、足浴、半身浴、お灸、腹巻きは毎日ではありませんが…できる限りやっていました。
おかげで逆子にならず、会陰も切れず、出血も少なかったです。
妊娠中は奥様だけでなく質問者様も大変な思いをすると思いますが、お腹の中で育ってる赤ちゃんのためにも頑張ってください。
元気な赤ちゃんが産まれることを祈ってます。
◆神経質にならなくでも大丈夫ですよ。
あれもこれもダメでは奥さんもストレスになりますからね。
食事は色んな物をまんべんなく取ればいいと思います。
身体を動かさな過ぎるのは難産になりますから初期を過ぎたら、歩いたり、スイミングをしたりと身体を動かすと良いです。
◆あまり神経質にならないほうがいいですよ。
ヒジキや大豆など普通に食べていました。チーズもドリアやグラタンなどで普通に食べていました。貝のお味噌汁も飲んでいました。生卵とかお刺身は避けていましたが。
食事時には、なるべく汁物を飲むようにしていました。あと、豆類は毎日食べていました。
妊娠中より、産後の授乳が始まるときの方が食事に気を使ってしまいます。適度に好きなものを食べさせてあげてください。何事も食べ過ぎなければ大丈夫です。
私は妊娠中、冷たいものをあまりとらないほうがいいのはわかっていましたが、どうにもこうにも炭酸が飲みたくて飲んでも飲みたくて。
なので糖分なしの炭酸を飲んだり、少しだけサイダー飲んだりしていました。
あとは、ハーブ系の飲み物は飲まない食べない、をしていました。
参考になれば嬉しいです。